Tsurumi Tarot NIJI Office

菖蒲湯vsシーランマグマ風呂

今日は端午の節句。菖蒲湯に入る、という伝統行事があります。菖蒲湯は香りも爽やかですが、香りを楽しむより、魔を祓う為に入るお風呂です。浄化、よりも少し強い意味合い。男の子は幼い頃は身体が弱い傾向がありますから、無事に大きくなる為にも、魔を祓う事は重要だったのですね。

菖蒲湯は端午の節句にしか入れませんが、年間を通じて浄化に役立つのが塩風呂。塩温泉、ですね。入浴剤で手軽に塩風呂は出来ますし、本当に様々なタイプが出回っていますが、私のイチオシは「シーランマグマ風呂」。硫黄の香りがしますが、良質のピンクヒマラヤ岩塩を使っていて、温浴効果も浄化効果もケタ違い。障り案件を扱っても、このお風呂でかなり緩和されます。パッケージデザインは、ちょっと疑問ではありますが。

コバルトメンバーの中村氏が運営する健康グッズショップの「あうんマルシェ」でも取り扱いをしています。お問い合わせは

info@link-man.co.jp